VWヴァナゴン カーエアコン修理

DSC05127

 

●VWヴァナゴン ガスチャージをしても2~3日程で冷えなくなるので点検をしてほしい、とのご依頼で入庫です、

●ガスチャージしてガス漏れ点検すると、リヤ側に付いているエアコンユニットを経由している高圧側のパイプが燃料タンク上部で干渉していて擦れた状態でガス漏れしています、

 

DSC05125

●高圧パイプの接合部がエンジンルーム右奥に、後部の接合部が右側後部の床下に有ります、
高圧パイプの交換作業工程は、床下に有る燃料タンク、足回り、デフ、他パイプ等外しての作業になり、作業日程及び修理にかかる工賃もかなりの額になります、

●お客さまには、穴の開いた高圧パイプは残して、新たにエアコンホースを並走して引き直す事にして作業工程及び修理費を抑える提案をさせて頂きました、

 

DSC05118

 

 

●並走したエアコンホースは擦れ及び挟み込みの無い様引き回して、ガスチャージを済ませ作業完了です!!

 

 

 

 

 

This entry was posted in その他の電装品, エアコン関連, フォルクスワーゲン, 事例(車種別), 事例(項目別), 旧車, 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.