ローバー825 バッテリー上り 暗電流修理

DSC03460

 

●ローバー825 乗らないでいるとバッテリー上がってしまう、漏電しているので修理してほしい! バッテリー上がり修理の依頼での入庫です。

 

 

 

DSC03466

 

●バッテリーでの暗電流の測定をすると約300mA流れています、

●漏電個所を特定作業で、まずはエンジンルーム右側に有るヒューズホルダーでのチェックをすると、白/青のラインから280mA流れています

●ラインの出どころはオーディオ系統に出ていました、

 

DSC03467●オーディオを外して測定しても数値は変わらず、ハーネスをたどって行くと、トランク左側に付いているオートアンテナにたどり着き、カプラーを外して測定すると約40mAまで下がりました、

●オートアンテナを外してチェックすると、内部に水が溜まった状態で水抜きがうまく出来ていませんでした、

●基盤及びモーター内部で水没による内部ショートの状態でした、

●オートアンテナを新品に交換して作業完了です!

This entry was posted in その他の電装品, バッテリー, ローバー, 事例(車種別), 事例(項目別), 輸入車, 電動機器. Bookmark the permalink.

Comments are closed.