ランチア テーマ カーエアコン修理

DSC02695●ランチア テーマカーエアコンの冷えが良くないので点検・修理の依頼です。

●エアコンゲージを接続しての点検で、エアコンガスの不足が原因とサーモスタットの作動不良が確認出来ました、

カーエアコンガス漏れの点検で、コンプレッサーからのガス漏れ(フロントシャフトシール)が有りました。

●ガスを補充してのテストで、エアコンガスラインが詰まり気味が確認出来ました、

 

DSC02693

 

 

●エアコンコンプレッサーは現品を修理することで対応しました、

 

 

 

DSC02689

 

●従来ですと純正のレシーバータンクの交換をするのですが、部品の手配で生産完了が判明、

●代替え品のレシーバーを加工取付する事で対応しました、

●まだこのタイプのレシーバーは他の車種にも装着されているので今後の対応が課題です、

 

DSC02702

 

●補修パーツの交換を済ませエアコンガスを適量封入、

●各エアコンの作動を確認して作業完了です!!

●右の写真は今回交換したレシーバードライヤー、エキスパンションバルブ、サーモスイッチ、

 

 

This entry was posted in その他の電装品, イタリア車, エアコン関連, ランチア, 事例(車種別), 事例(項目別), 旧車, 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.