ランチア テーマ エアコン修理

DSC01736

 

●ランチアテーマ エアコンが効かない、車が冷えているうちは冷風が出てくるが、温まると全く冷えない、修理の依頼で入庫です、

●エアコンガスの状態は、不足の状態(ガス漏れが有る)でエアコン作動時の吹き出し口の温度も17°で冷風とは言えない状態、

 

DSC01739

 

 

●エアコンユニットの状態を見ると、ブロアモーターとエアコンユニット間に大きな隙間がありここから熱風を吸い込んでいる状態です、

 

DSC01744

 

 

 

●シールテープで吸い込み口全周をシール加工をして温風の吸い込みを改善しました、

 

 

DSC01768

 

 

●エアコンガス(R12)を補充して各作動点検、

●コンプレッサーの作動時間が短い状態なので、サーモスイッチの調整をしました、

 

 

DSC01747

 

 

●室内エアコン吹出し口の温度も7°台に改善しました、お客様にも今後様子を見ながらの対応をお願いして作業完了です。

This entry was posted in その他の電装品, イタリア車, エアコン関連, ランチア, 事例(車種別), 事例(項目別), 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.