ホンダ バモス カーエアコン修理

DSC05263

 

●ホンダバモス カーエアコン修理での入庫です、

●エアコンの冷えが甘い、外気温が高いと冷えないとのご指摘です、

 

 

DSC05267

 

●点検した所エアコンゲージでの圧力の状態では、カーエアコンガスは規定量封入されている状態、エアコンの吹き出し口からはブロアモータが回っている音はしますが風の出に勢いがない状態、エバポレーターが目詰まりしている様です、

●助手席側のグローボックスを外してエバポレーターをチェックすると埃を吸い込んでいる様に見られます、

 

DSC05271

 

●エアコンユニットを外してエバポレーターの状態をチェックすると、埃がかなりの状態で堆積していて空気が流れ込むスペースがほとんどない状態でした、

 

 

DSC05282

 

 

●目詰まりしていた埃を取り除き、エバポレーターフィンの部分も洗浄して、エアコンユニットを復元、エアコンガスを規定量封入して各作動チェック、吹き出し口から冷風が勢いよく出るのを確認して作業完了です!

This entry was posted in その他の電装品, エアコン関連, ホンダ, 事例(車種別), 事例(項目別), 国産車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.