ベンツE55スモール配線修理

ベンツE55スモール配線修理

ベンツE55スモール配線修理

 

ベンツE55、お客様がスモール球をLED(球切れキャンセラー付き)に交換した際に、点灯したがすぐに消えてしまった、ノーマルのウエッジ球に戻しても点かなくなってしまったとの事での入庫です。

 

 

 

 

CIMG5087スモール球のソケットの部分で電圧を見ると、スモール点灯時に0Vでした、

ヘットランプユニットの車両側配線カプラーで点検すると、12V電圧が来ています、

ヘットランプユニット内でトラブルが有る事が判明!

 

 

CIMG5089

ユニット内のハーネスを点検すると、スモールの+側に写真に有る抵抗が焼損した状態になっていました、

球切れ警告に関わるパーツと思われます、

LED球に変えた事で、過電流になり焼損した物と思われます、

ハーネスを修復して、LED球を付けた状態での作動とメーター表示を確認して作業完了です!!

This entry was posted in その他の電装品, ドイツ車, メルセデス-ベンツ, 事例(車種別), 事例(項目別), 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.