デロリアン DMC-12 カーエアコン修理

●デロリアン カーエアコン修理の依頼です、

●他工場で修理をしてきたが満足の出来る内容でなかったので見直してほしいとのご希望です、

 

 

 

 

●エアコンガスの状態を見ると空の状態でした、エアコンラインの点検でガスを封入すると シュー と音を立ててガスが漏れています、

●エンジンルーム内で低圧側のエアコンホースがボディ側と干渉して穴が開いています、

 

 

 

●この部分を修理の際は、ホースをASSY交換するかガス漏れの部分をホースジョイントでの修理をします、今回はホースがリヤのエンジン側からフロントのコンデンサーまで1本物のホースなので、修理コストも考慮して修理で対応しました、

 

 

 

●エアコンホースの修理の際に、ホース内のオイルが汚れている状態が確認出来ましたのでオリフィスノズルを外して見るとエアコンラインの汚れとゴミが混入している状態でした、

●エアコンラインの洗浄と汚れたオイルの回収、フィルターの交換が必要です、

 

 

 

●エアコンライン洗浄機での作業すると、かなり汚れた洗浄剤が回収されました、

 

 

 

 

 

●コンプレッサー内に残っているエアコンオイルも回収、かなり汚れたオイルが残っていました、

●コンプレッサー内も洗浄して、新しいオイルを適量注入しました、

 

 

 

 

 

●フィルターも新しい物との交換が必要なので、事前にユーザーから支給されていたパーツを確認すると形状が異なり交換が不可、
確認すると生産完了で入手不可でした、

 

 

 

●支給されたフィルターで対応出来る様エアコンホースを作成しての対応しました、

●その他にプレッシャースイッチの不良で、エアコンが作動しない不具合も有りスイッチの交換をしました、

●再度ガス漏れのチェックを済ませ、エアコンガスを適量封入冷え具合も満足な状態、各作動をチェックして作業完了です!!

 

 

 

 

This entry was posted in その他の電装品, アメリカ車, エアコン関連, 事例(車種別), 事例(項目別), 旧車, 輸入車 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.