三菱 デボネア スターター修理

DSC03728

 

●ホームページからのお問合せの方からの依頼です、
昭和49年 型式A31三菱 デボネア 
スターターは回るけれど空回転してエンジンの始動が出来ないので修理してほしいとのご依頼です。

 

 

 

DSC03749

 

●三菱製 品番 MGA01-0
補修パーツは生産完了になっている機種です、

●分解して不具合個所をチェックします、

 

 

DSC03741

 

●ピ二オンクラッチのケースが破損していました、
スターターが空回りしていた原因です。

●補修パーツが生産完了になっていますので、現品の修理で作業を進めます。

●他の部分は修正と消耗品は互換のパーツの交換で進めます。

 

DSC03799

 

 

●修理後のピ二オンクラッチを組み上げた状態です、
外観機能と申し分無い仕上がりです。

 

 

DSC03800

 

●消耗品の交換・修正個所の作業を済ませ、修理品を組み上げて作業完了です!!

●このスターターの修理では補修パーツは生産完了でしたが、お時間は掛りますが、互換性の有るパーツでの修理や不具合品を修理する事も致しますので、
修理でお悩みでしたらご相談下さい!!

 

 

 

 

 

 

This entry was posted in セルモーター, ミツビシ, 事例(車種別), 事例(項目別), 国産車, 旧車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.