ランボルギーニ ミウラ スターター修理

DSC02247

 

 

●ランボルギーニ ミウラ スターター修理の依頼です、

 

 

 

DSC02231

 

●不具合の症状は時々回らない時がある、

●マグネットスイッチの接点不良(焼損による導通不良)が原因と思われるのでスイッチ内の接点を分解確認、

 

 

DSC02235

 

●接点の修正で対応できそうでしたがかなりの年数を得たパーツなので今回は新品の物と交換、

●細部まで分解をして清掃修正、消耗品のパーツを交換して修理完了です!!

This entry was posted in セルモーター, ランボルギーニ, 事例(車種別), 事例(項目別), 旧車, 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.