マツダ RX-7 エアコン修理

CIMG4663

 

 

●マツダRX-7 エアコン修理の依頼です、遠方からのご来店で乗り続けたいので細部まで点検修理のご希望です、

 

 

011

 

 

●コンプレッサーからの異音(カタカタ音)とシャフトシールからのオイル漏れが有り、現車のコンプレッサーをオーバーホールしました、

 

 

023

 

 

●エバポレーターからのガス漏れが有り交換したいのですがすでに生産完了品になっていました、リンク品の対応もないので新規に作成して組み換え、エキスパンションバルブも新品を組み替えました、

 

 

036

 

 

 

●コンデンサーからのガス漏れが有り、こちらのパーツもすでに生産完了品でした、コンデンサーも新規に作成しました、

 

034

 

●レシーバータンクも交換、こちらのパーツは現在流通している物を流用して対応です、

●部品の交換、エアコンガスを封入して各作動の点検を済ませ作業完了です!!

●長年の使用で劣化による故障は防ぐことは出来ません、補修部品が生産完了になってしまうと修理して乗り続ける事が出来ません、富士電機工業所にご相談下さい、ご期待に添える修理を致します!!

 

 

 

 

This entry was posted in エアコン関連, マツダ, 事例(車種別), 事例(項目別), 国産車, 旧車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.