スバル レガシィ エアコン修理

DSC02342●高速や走行中は冷えるけど渋滞や停車の時に冷えなくなるので何とかしてほしいとのご依頼での入庫、

●ゲージを接続しての点検では、ガス圧はほぼ正常値、停車してのテストも問題なく冷えてました、

●気になる点は低圧の数値が条件の変化があっても変動が無く、一定を保っています、

●エキスパンションバルブに問題が有る様なので交換作業に掛ります、

 

DSC02334

 

●エキスパンションバルブを外してチェックすると、ノズルの部分が黒くなっています、(左側のノズル穴の部分が黒く汚れている)

●汚れの為ノズルの動きに支障が出ている物と思われるので、新品の物(右側)と交換をします、

●組み上げてガスチャージを済ませ、ガス圧力も正常になり指摘されている症状も改善しました、作業完了です!

 

This entry was posted in エアコン関連, スバル, 事例(車種別), 事例(項目別), 国産車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.