ジャガーXJS V12

ジャガーXJS V12

ジャガーXJS V12

 

ジャガーXJS V12 エアコン冷えないで入庫です、

点検後、エアコンガスの不足していました、コンプレッサのシャフトシールからのガス漏れが原因です、

 

 

 

CIMG4795

 

 

コンプレッサをリンク品と交換して、レシーバー(ドライヤー)も新品に交換します。

 

 

 

CIMG4788

 

コンプレッサのクラッチプレートとプーリーの隙間から、エアコンガスとオイルが漏れていて、

ウエスで拭き取ると、写真の様に漏れたオイルが付着しているのが解ります、

エンジンルーム内にも、クラッチの円周上にオイルが飛び散っているので点検時のチェックの目安になります。

 

CIMG4801

 

リンク品に交換して、修理完了です。

This entry was posted in イギリス車, エアコン関連, ジャガー, 事例(車種別), 事例(項目別), 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.