アルファロメオスパイダー エアコン修理

アルファロメオスパイダー エアコン修理

アルファロメオスパイダー エアコン修理

アルファロメオスパイダー エアコン修理での入庫です、

症状は外気温が高いと冷えないとの事、

点検すると、エアコンガスの不足、調べるとコンプレッサのシャフトシールからのガス漏れがあったので、

コンプレッサ修理とレシーバータンクの交換の作業を済ませました、修理後のチェックを中に、

ラジエターの電動ファンが安定して作動していない事が判明!

 

CIMG4206

 

モーターの点検、配線の状態を確認し、フューズホルダーの配線の状態もチェック後、

電動フアンのリレーを外して確認した所、リレーに付属のフューズの接点が接触不良で焼損していました。

 

 

CIMG4199
写真を見ると、焼損している側のフューズの接触面が少ないのがわかります、

コンプレッサのガス漏れは、電動ファンの作動不良による、高圧側の圧力が正常値より高くなった為に、

起きたものと思われます、

リレーを交換して作業を完了です!!

 

This entry was posted in イタリア車, エアコン関連, フィアット, 事例(車種別), 事例(項目別), 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.