フェラーリ512TR ヒューズホルダー修理

フェラーリ512フューズホルダー

 

 

●フェラーリ512TR ヒューズホルダー修理の依頼です、

 

 

フェラーリ512フューズホルダー2

 

●ヒューズホルダーに接続されているカプラーの状態を確認しながらの作業を進めます、

●接触不良による端子の焼損でカプラーの表面が熱で変色している個所チェック、

●焼損部の端子を交換、配線の状態も確認しながら変色している部分はカットして補修します、

DSC02475フェラーリ512フューズホルダー3

 

 

●ヒューズホルダー本体も分解して各端子の緩みの修正と磨きの作業を進めます、

 

 

 

フェラーリ512フューズホルダー4

 

●修正と磨きの作業を済ませ、ヒューズホルダーを組み上げて各ヒューズ・リレー・カプラーを元の個所に接続、

●作業後は各動作の点検、修理個所の改善具合を確認して作業完了です!!

 

 

This entry was posted in その他の電装品, イタリア車, フェラーリ, 事例(車種別), 事例(項目別), 旧車, 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.