ニッサン ブルーバード シルフィ― パワーシートモーター修理

DSC04083

 

●ニッサン ブルーバードシルフィ― パワーシート前後の作動が不良、スイッチを動かすとコントロールユニットの作動音がする、背もたれの稼動は問題ないのでモーターを外して送って頂いての修理依頼です、

 

 

 

DSC04070●作業前に通電しての点検、通電すると重い状態で回り始めて直後に止まる状態、電流は5Aほど流れて直後にメーターが振り切れる状態(-10A以上流れる)

●分解してアーマチャのテストしましたが異常無し、ブラシホルダー他も点検しましたが異常なし、

●組み上げの際にシャフトのクリアランスが無く、重たくなっている状態が判明、

●クリアランス調整シムで調整して組み上げ通電テストをすると、軽い回転音で回るようになりました、

page

 

●修理前のメーターの表示です、5Aほど流れた後-10A以上に振り切っていました、(上の写真)

●修理後は0.5A以下になり軽快に回る様になりました、(下の写真)

●お預かりする前にお客様が分解点検されたのか確認をしましたが、シートから外してそのまま修理に送ったとの事でした、

●今回の不具合の原因はアーマチャのシャフトのクリアランス不足で重くなった状態でした、その事をお客様に伝えモーターを送り返し作業完了です!!

 

This entry was posted in その他の電装品, ニッサン, パワーシート(電動シート), モーター関連, 事例(車種別), 事例(項目別), 国産車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.