フォルクスワーゲン ゴルフⅡオルタネーター修理

CIMG2254

●ゴルフⅡ出先でバッテリーエンコしてしまった、辛うじて帰宅できたとの事、点検を兼ねて修理の依頼です、

●充電量を点検すると、チャージランプが点灯!充電電圧も低く修理が必要です、

●故障状況をお伝えして修理にかかります、

 

 

CIMG2245

● オルタネータを外し、分解点検するとローターのスリップリング部分が摩耗してブラシとの接触の不具合を起こしています、軽度の摩耗でしたら研磨での修正ができますが、この場合は交換が必要な状態です、(右側が正常な状態の物)

●この様なケースは、長年の使用で(10万キロ前後から発生)この様な状態になります、

 

 

CIMG2240

 

 

●ブラシの接触部分を見ても接触が良くない事がわかります、

 

 

 

 

CIMG2249

 

●オルタネーター修理の後、車両に取り付けての充電量点検、

●発電量も問題なく、バッテリーも保充電して修理完了です!!

This entry was posted in オルタネーター, ドイツ車, バッテリー, フォルクスワーゲン, 事例(車種別), 事例(項目別), 輸入車. Bookmark the permalink.

Comments are closed.